何をしても泣き止まない赤ちゃん 舌癒着症をご存知ですか?

赤ちゃんが泣き止まないことで悩まれるママは少なくないようです。

舌癒着症オムツもミルクもゲップもやったし、おくるみに巻いてみたり、赤ちゃんが泣き止むCDも、何もかも試したけど、やっぱり泣き止まない!!!

私の娘はそうでした。縦にして抱っこしていないと、泣きつづけるので、ほぼ24時間抱っこしていました。

夜も縦に抱っこしないと、泣くのでずっと抱っこ。生後3週目には私も疲れ果ててきて赤ちゃんが可愛いと思えなくなりました。

赤ちゃんというのは、とてもリラックスしていてほんわかしているイメージでしたが、うちの娘は、いつも呼吸が苦しそうでイライラしていて可愛らしい赤ちゃんとはかけ離れた存在でした。

娘を3人育てた母も、「こんな赤ちゃんは見たことがない・・・」と不思議がっていました。

そんな時、おっぱい相談にいった助産師さんから「舌癒着症」という病気があることを教えてもらいました。

なんと、生まれつき舌が奥の方にくっついていて、舌の筋肉で気道が塞がれてしまい、横にすると呼吸困難になってしまう人が実はたくさんいるらしいのです。

確かに、うちの娘はやけに舌が短くておっぱいを飲むのもへたくそですし、いつも呼吸がハアハアと苦しそうで、泣くとチアノーゼのように肌が赤黒くなるのです。また、体が硬く、いつも足をつっぱっていてとても抱っこしづらい赤ちゃんでした。

さっそく、助産師の先生に教えてもらった向井診療所(神奈川県大和市)で検査を受けたところ、うちの娘は重度の「舌癒着症」。
気道がほとんど、舌の筋肉に塞がれてしまっていました。さっそく手術を受けることにしました。

手術ではレーザーで舌の筋肉を切るというのでとても心配でしたが、手術自体は30秒くらいで終わり、手術直後から娘の顔色が良くなっているのが分かりました。また、おっぱいも上手に飲めるようになったのです。手術前はいつもイライラ、ハアハアしていた娘も呼吸が楽になってリラックスするようになったので手術を受けてよかったと思いました。夜も寝てくれるようになりました。

泣き止まない赤ちゃんにはそれぞれの理由があると思いますが、あまりにも泣き止まない赤ちゃんの場合は「舌癒着症」の検査を受けてみるといいかもしれません。