子どもが生まれたらもらえるお金 児童手当

児童手当の申請はお済みですか?

「児童手当」ってよく聞きますが、もらうためにはどうすればいいのでしょう?

「児童手当」は2012年4月から、それまでの「子ども手当」に変わるものとして導入されました。

0歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人に国から手当が支給されます。

支給額は月額で、3歳未満の児童1人につき一律15,000円、3歳以上小学校就学までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は一律10,000円です。

ただし、支給には所得制限があり、所得制限額以上の年収のある世帯には特例給付として月額一律5,000円が支給されます。

受給するには、各自治体への請求が必要となります。赤ちゃんが生まれたら、パパに急いで手続に行ってもらいましょう。自治体によっては、申請以前の給付が受けられず、生後最初の数か月分をもらいはぐれてしまうことがあります。何を隠そう、この私がもらいはぐれた張本人であります。。。とほほ。。。

毎年6月には現況届の提出が必要となります。こちらは、自治体から郵送で書類が送られてきますので、期限までに必要書類をそろえて返送しておきましょう。こちらも提出を忘れると、児童手当を受給できなくなることがあるそうです。