乳腺炎になりかけた時の対処方法

乳腺炎

母乳で赤ちゃんを育てているママなら

「乳腺炎」

という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

一度なってしまうと、高熱が出て、乳房が痛くて痛くて大変辛い思いをすることになります。

しかし、乳腺炎はいきなりなるのではなく、その前段階があります。「乳腺炎になりかけた段階」でケアしておけば自然と防げることをご存知でしたか?

乳腺炎のなりかけ

というのは、塊状の母乳が乳腺につまって炎症を起こすことで、少し痛みを感じる状態です。

この段階なら、病院やおっぱいマッサージに行かなくても、ちょっと気を付けるだけで、自然に治すことができます。

逆に、この段階で無理をしたり、油っこいものを食べたりすれば、乳腺炎になってしまいます。赤ちゃんの世話をしながら、乳腺炎になってしまうのは非常につらいものです。是非、なりかけの段階で、治してしまいましょう。

乳腺炎になりかけたら・・・

とにかく授乳を続け、食事内容に気をつけ、無理をしないことです。これだけで、ほとんどの場合は自然に治ります。

授乳のコツ

・痛みを感じる乳房の方から頻繁に赤ちゃんに吸ってもらいます。
・授乳する際に赤ちゃんの抱き方を変えてみるなどして、吸いつく角度を変えましょう
・赤ちゃんが飲んでくれない時は、ご主人に吸いだしてもらうという荒業!?もあります。
・赤ちゃんは乳首全体をくわえていますか?
もし、先の方しかくわえていない場合は、「舌癒着症(ぜつゆちゃくしょう)」と言って、生まれつき舌が短い場合があります。私の子どもは舌癒着症でしたが、舌癒着症の手術をしてくれる耳鼻科(たまたま、舌癒着症の大家、向井先生が実家の近くで病院をやっていました!)を助産師さんに紹介され、手術を受けさせたところ、すぐにおっぱいが上手に飲めるようになり、おっぱいの出も良くなりました。手術を受ける前は、頻繁におっぱいが詰まり、おっぱいもあまり出なかったので、混合で育てていましたが、手術後はすぐに完全母乳になりました。舌癒着症は小児科では病気と認められていないため、専門の病院を探す必要があります。

詳しくはこちらのHP乳幼児・小児の舌癒着症 情報サイトに情報が出ています。

こちらもどうぞ
何をしても泣き止まない赤ちゃん 舌癒着症をご存知ですか?

食事で気をつけること

・ミネラルウォーターなど良質な水分を摂りましょう。ジュースやコーヒーはかえって症状を悪化させるので避けましょう。
・塩分、脂肪の摂取を控えましょう。

その他できること

・授乳後に、痛みを感じる部分に冷えピタなどを貼って冷やしましょう。
・血流が悪くなるので、体を締め付ける服やワイヤー入りのブラジャーはやめましょう。
・お近くの助産師さんにおっぱいマッサージをしてもらうのも手です。