産後甲状腺炎を知っていますか?

産後、だるさ、冷え、頭痛、疲れやすさなどの不調を感じる方はとても多いです。このような不調が産後しばらくの間続くのはよくあることです。殆どの場合は、体が元に戻れば自然と治ります。

しかし、中には体調不良がずっと続いてしまうママもいます。その場合甲状腺に異常が出ている可能性があります。

もともと女性には甲状腺疾患が多く見られます。慢性の炎症が甲状腺に起きてしまう「慢性甲状腺炎」は女性の10人に1人がかかりやすい体質なんだそうです。

出産後は免疫系のバランスが急激に崩れるために、甲状腺の炎症が悪化することがあります。そうなると、精神不安定になったり、疲れやすくなったりイライラしたりなど、さまざまな症状が出てきます。気力がなくなったり、鬱っぽくなったりすることもあり、育児ノイローゼと間違われることもよくあります。

甲状腺機能が低下したままだと、妊娠しづらくなるため「ふたりめ不妊」の原因になることがあります。

産後のだるさや疲れやすさは、「育児疲れかな?」と思ってしまいがちですが、長引くときは近くの内科や甲状腺外来や内分泌外来などの専門科を受診しましょう。