その症状、栄養不足かもしれません

甘いもの産後はイライラや憂鬱、白髪の増加、疲れやすいといった症状に見舞われる人が多いようです。
かくいう、私もそうでしたが、産後3年近くいつもだるくて、体が冷え切り、すぐに風邪をひき・・・と
散々でした。

ところが、最近、どうやら自分は栄養不足だったのではないか?と思い当たったのです。

産後、体重を増やしたくないがために、グリーンスムージーを飲み始めたのはよかったのですが、
朝食はグリーンスムージーだけで、昼も夜もあまり肉類は食べませんでした。

そうしたら、タンパク質をはじめとする、様々な栄養不足に陥っていたようなのです。
一番つらかったのは、冷え!真夏でもカイロを5枚くらい体に張り付けて、それでも寒くて本当につらかったです。
そして次につらかったのが手荒れです。皮膚がパックリ割れてしまうので、炊事の辛い事辛い事・・・

しかし、ある時、グリーンスムージーは体が冷える。
肉もある程度食べなければ鉄分やタンパク質が不足する。

というのを聞いて、「あれ?私、肉をほとんど食べていないわ!そういえば、こんなに寒いのはグリーンスムージーを始めてからだわ!」と思い当たったのです。

そこで、スムージーをやめ、肉も食べるようにしたところ、散々悩んでいた手荒れがきれいに治ってしまいました。
そして、太りたくないから、と肉を我慢していたので、お肉がとても美味しかったです。
おそらく、タンパク質が足りていなかったのでしょう。

また、ごはんも太るから、という理由で殆ど食べていませんでしたが、好きなだけ食べるようになって、体が温まってきました。
飽食の日本にいる限り、栄養不足になることはない、なんて思いこんでいましたが、大間違いです!

不思議だったのは、肉を好きなだけ食べるようになってから、お菓子を食べる量が減ったことです。
お肉やごはんを我慢していた時は、異常なほど甘いものが食べたくなり、毎日クッキーやケーキをつまみ食いしていました。
肉やごはんを食べるようになったら、お菓子をたべなくなったので体重は変わりませんでした。

産後ダイエットに必要な栄養素

ダイエット専門コーチのブログによると、

女性が1日に必要なたんぱく質量は50gと言われますが、お肉でいえば、1日250g~300gは食べる必要があるそうです。
それって、かなりの量ですよね。某ファミレスのステーキも120gで出されていますが、かなりのボリュームです!!

また、ダイエットで重要なマグネシウムは、女性が1日に必要な量は260mgと言われています。

でも、ヒジキの煮物1人前で62mg、納豆1パックで50mg、ほうれん草1束で42mgしか取れないんだとか!
私は納豆1パックなんて、一人で食べきれません。。。

更に、女性はみんな不足しているといわれる鉄分ですが、女性が1日に必要な量は12mgと言われています。

ほうれん草おひたし100gで0.9mg、ヒジキの佃煮100gで3.6mg、牛レバー生100gで4mg、牛モモ生100gで1mg、メバチマグロ生100gで1.4mgしか取れないそうなのです。一日の必要量なんてどうやって摂取すればいいのやら!!

しかも、鉄は吸収率が悪いので、全部が吸収されるとは限りません。
私はサプリでヘム鉄という吸収のいい鉄分を摂るようになってから、貧血が改善し、鬱も改善しました。
鉄不足は鬱の原因にもなるそうです!

産後ダイエットだからといって、無理は禁物です。
皆さまは私のような過激なことはせず、お肉も野菜もご飯もバランスよく食べてくださいね。
また、摂取しづらい栄養素はサプリメントを活用するといいかもしれません。