食べ方で変わる?産後ダイエット

eating
毎日の生活の中で欠かせない食事。食事は美味しく摂りたいけれど痩せたい。産後ダイエットを考えた時に、何を食べるか、食べる食材に気を付ける人は多いと思います。でも食べ方をちょっと気にするだけでも痩せる事は出来ます。今回は痩せる食べ方について考えてみます。

出産後は産後ダイエットのチャンス

産後のママは想像以上に体力を使うもの。
ゆっくり食事を摂る時間もままならない、慣れない育児や授乳で体力を消耗し、いつもお腹が空いている、といったママも多いのではないでしょうか?
しかし産後6ヶ月以内は産後ダイエットに効果的な時期だと言われています。

食事は摂れる時に摂る

こうした忙しい時期は、一日の食事の回数を増やし、一回分の食事の量を控えめにするのもコツです。お腹が空いているからと一気に沢山食べるのではなく、少しづつ良く噛んで、量が少なくても満腹感が得られるようにします。
eatingbreakfast

腹八分目を心がける

授乳は消費するカロリーも多い為、お腹が空いてお腹一杯食べてしまいがちですが、腹八分目が大切。最初にご飯やおかずの盛りつけ量に気をつける、お腹が満たされてきたら食べるのをやめる等、満腹にならないように気をつけてみましょう。

夕食を軽めに

朝食や昼食で摂取したカロリーは日中で消費する事が出来ます。しかし夕食で高カロリーな物を摂取したり沢山食べてしまうと、消費する事が出来ずに脂肪となって蓄積されてしまう原因になります。
夕食は軽めにする、消化吸収の良い物にする、カロリーの低い物を中心に摂るなど工夫してみましょう。

食べる順番を気にしてみる

食べる順番をちょっと気にするだけで、ダイエットの効果を上げてくれます。
というのも、満腹感を得られる食べ方をするだけで、食べ過ぎない、太らない体質を目指す事ができます。
mealsample
まずは最初に味噌汁やスープ等の汁物、次に食物繊維の多い食材(野菜類)、肉や魚などのタンパク質、最後に炭水化物(ご飯)といった順です。
炭水化物は空腹時に食べると急激に血糖値を上げてしまい、脂肪となりやすいので最後に食べるようにします。
また最近、炭水化物を抜くダイエットなども良く目にしますが、極端に抜いてしまうと食べ物からの吸収率が上がってしまい、反って逆効果につながります。減らす事はしても抜く事はやめましょう。
産後の痩せやすい時期と食べ方を気にするだけで、産後ダイエットの効果を実感しちゃいましょう。