巷で話題の炭水化物抜きダイエット

carbo
ここ数年ダイエット方法の一つで良く話題に上がるのが、炭水化物を食べない炭水化物抜きダイエット、またはローカーボダイエット。炭水化物はダイエットでは避けたい糖質が含まれているため、炭水化物を抜く=糖質を減らすということで、ダイエットに効果があると言われています。
でもちょっとまって。ただ炭水化物を抜けば良いのでしょうか?しかも産後のママのダイエットの方法としても効果的なのでしょうか?

炭水化物を抜くのは本当に効果的?

thinking
炭水化物を抜くと、血糖値が下がり低血糖状態になります。それで不足を補おうとして体が脂肪を分解して糖を作るので、緩やかに痩せる効果があります。
だからといって産後のママが炭水化物を抜いた食事をしていたらどうなるでしょうか?確かにダイエットの効果は出るはずです。
ただ産後のママにとっては、炭水化物はとても必要な栄養素の一つです。何よりまずは栄養をしっかりとって、出産後で痛んだ体の修復をしなくてはいけません。
また育児をする為に体を動かすにはエネルギーを使います。エネルギー源となる炭水化物を抜くと、疲れやすくなり、体も冷えて代謝も悪くなります。また低血糖の状況に陥るとイライラしたり集中力も低下し、普段の生活や育児に支障が出てきます。最も困るのが母乳の出が悪くなる事です。炭水化物は体内で母乳を作るのに必要な栄養素の一つなのです。
更にご飯は炭水化物ですが水分も多く消化も良いので、授乳期にはきちんと摂りたい食物の一つです。ただ少しでもダイエットを意識するならば食べる量と共に、白米ばかりではなく太りにくいとされる玄米も摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?

炭水化物を抜かずに痩せよう

そうは言ってもママさんタレントがTVなどで炭水化物抜きダイエットで痩せた!なんて聞くとどうしても試したくなりますよね。では抜くのではなくて、食べ方や量に意識して摂取するようにしてみてみましょう。
eating
炭水化物を抜いて低血糖の状態で炭水化物を摂取すると、血糖値が急上昇するので脂肪を吸収しやすいインスリンが分泌されます。ですので適度に炭水化物を摂取して、低血糖状況にならないようにしましょう。またゆっくりよく噛んで食べる事で消化吸収が緩やかになり、血糖値が急に増えるのを防いでくれます。
また食べる時間も意識してみましょう。夜はエネルギーの消費が落ちるため、糖質の必要量が低下します。それなので夕食時のご飯やおかずの量を調整し、炭水化物の摂取を少し控えてみましょう。そうすることでもダイエット効果が得られるはずです。

炭水化物はダイエットの敵じゃない

炭水化物をダイエットの敵にしてしまわず、その性質や量を見極めて、上手に摂取しながら自然と痩せやすい体質や生活にしていく事、産後ダイエットにはこうした事が必要です。更には食べる時間や食べ方に気をつけて、産後ダイエットを成功へと導きましょう。