産後ダイエット中でも食べたいおやつ

sweets
女性にとって甘い物やおやつは切っても切れない関係と言っても過言ではないでしょう。
でもおやつは産後ダイエットには大敵!と思ってガマンしているママも多いのではないでしょうか。
産後ダイエットでこうしたストレスは、母乳にも赤ちゃんにも良くありません。そこで授乳中でダイエットにも向くおやつの食べ方、間食のメニューを考えてみましょう。

授乳中のおやつにはどんな物が良いの?

母乳育児のママにとって、食べたものが赤ちゃんの栄養になります。ですから、ダイエットに効果がありつつ、赤ちゃんにも良いおやつが良いですよね。

  1. カルシウムや鉄分が豊富なもの(ウエハーズヨーグルト
    yogurt
    母乳から赤ちゃんにカルシウムを与えているので、小魚やカルシウムの入ったウエハーズ等は低カロリーでカルシウム補給も出来ます。またカルシウムだけでなく鉄分も豊富なヨーグルトもお勧めです。プレーンタイプ、低脂質のものはダイエットに向いています。ちょっと物足りないなと思ったら、フルーツをちょっと足す等工夫してみましょう。
  2. ふかしたサツマイモ
    自然な甘みのあるサツマイモは、甘みで疲れを取りつつ、空腹を満たしてくれます。
    またカリウムが豊富なので、むくみやイライラも防止してくれますし、食物繊維も豊富に含まれているので、ダイエットの大敵、便秘予防にも効果があります。
    同じく干し芋や干し柿は、自然な甘み等の他に食べごたえがあるので、少量でも満腹感が得られます。
  3. 直ぐにエネルギーになるバナナ
    banana
    サツマイモと同様、自然な甘さとカリウムが豊富な上に消化が良く、直ぐにエネルギーになる為、間食には非常に向いています。
    また皮を剥いたら直ぐに食べられるという手軽さは、忙しいママにはぴったり。
    消化が良いので、夜中にどうしてもお腹が空いてしまった!等という時にもバナナは向いています。但し1本食べないで1/3から1/2にする等、食べる量に気をつけましょう
  4. 豆乳を使ったおやつ
    大豆にはダイエットのイライラを抑えながら母乳の出を良くする働きがあります。
    大豆から出来ている豆乳を使ったプリンやババロア等を手作りし、甘みもあって低カロリーなスイーツをおやつにしてみてはいかがでしょうか?

産後のダイエットの為におやつを我慢するのも大切です。でもかえってそれがストレスになったり、イライラの元になってしまっては本末転倒です。
上手におやつを食べて、無理せず健康的に、赤ちゃんにもママにも幸せなダイエットを心がけていきましょう。