ダイエットの強い味方

diet
食事でダイエットしよう!そう決めた時、まずは食べる量を減らそうと思う人は多いでしょう。
でも産後の身体で食事の量を減らすのは母乳にとってもお母さんの身体にとっても良い事はありません。
では食べても太らないものとは?
甘い物や油を使ったものはもちろん避けますよね。
逆にこれならダイエット中に食べても安心という物、あなたは何を思いつきますか?

低下カロリーの代表選手といえば

konjak
前回のコラムにも書きましたが、低カロリー食材で思いつくものの一つにこんにゃくがあります。
ただこんにゃくといえばカロリーは少ないけれど、栄養も少ない?と思われがち。あなたもそう思っていませんか?
実はカロリーが低い以外にも産後のママに必要な栄養素を含んだ素敵な食品なのです。

こんにゃくって栄養があるの?

こんにゃくといえば低カロリーの代名詞のようですが、実はダイエットだけでなく健康のためにも良い事がいっぱいあるんですよ。
まず一つ目が、食物繊維の一つであるグルコマンナンが豊富な事。
水溶性の食物繊維であるグルコマンナンは、腸内細菌により分解されオリゴ糖に変化します。オリゴ糖は腸内環境を整えてくれる為、便秘の解消に繋がります。妊娠中だけでなく産後も便秘に悩むお母さんは多いので、便秘予防としてこんにゃくを食べるのも良いですね。
stretching
さらに体内の有害物質を外に出す作用もあるので、デトックス効果も得られるのです。
またグルコマンナンは胃の中で水分を吸って膨張するため、満腹感を与えてくれます。よって食べすぎが防げます。
毎日の食事の中で一食をこんにゃく、あるいはこんにゃくで作られたものに置き換えるのも良いですね。
こんにゃくで作られたダイエット食品は沢山あります。
例えばラーメン、パスタ、うどん、ご飯などがあるので、主食にこういったものを置き換えてみてはいかがでしょうか?
またこんにゃくの膨満感を利用して、こんにゃくのおかずから食べ始めるのも良いですね。
次回は引き続き、こんにゃくの更なる栄養素についてお話しします。