身体の窓を開けよう 〜お手軽編〜

massageママの皆さん、毎日育児お疲れ様です。
今週は身体の窓を開けよう~お手軽篇~ということで、いつでもどこでも、手軽にできる身体の窓開けをご紹介します。

上半身、下半身篇でまだ出てきていない大きな窓、それは肩甲骨です。
実はこのサイトの運動篇に「肩甲骨剥がし」という記事があるのですが、そちらはまさに肩甲骨にある窓を開けるための運動です。
この窓は背中の脂肪を取るためにも是非開けておいたほうがいいので、ぜひ皆さん試してみてください。

そして今回はお手軽にできる細かい窓を幾つかご紹介しておきます。
私たちがよく耳にする「ツボ」と呼ばれる場所、そこは身体の窓になっていることが多いのです。
今日お勧めするお手軽ポイントは3つ。
できそうかな?と思ったら是非試してみてくださいね。

お手軽窓 1)指の股

手のひら手の親指と人差し指の間にある「股」の部分、皆さんも押してみて気持ちが良かった経験がおありかと思いますが、そこもぜひおヒマな時にグイグイ押してあげてください。

お手軽窓 2)足の甲

足の甲ここは皮と骨ばかりであまり触ることもないかもしれませんね。でも意外や意外、ここを骨に沿ってマッサージしてあげると実はとっても気持ちがいいのです。
手の4本指で足の甲を爪先の方から足首の方へたどり、足首の骨をぐるっと回ってふくらはぎから膝裏まで流せれば完璧!
爪先から足首周りをぐるっと回るところだけでも十分気持ちいいので、ちょっとの隙間時間にぜひ試してみてください。

お手軽窓 3)足のすね

すねひざこぞうに手を当て、人差し指を下に向けて届く位置ぐらいのところに足のすねのツボがあります。
ここ、足のマッサージで押された方もいらっしゃるかもしれません。
ここはふくらはぎの疲れが取れない!という時に押すととっても気持ちのいい場所です。
でもここの小窓、気持ちいいけど現実問題として押し続けるのはなかなか厳しい・・・全然お手軽じゃないよ!!

でも!待ってください。諦めるのはまだ早い!
実は薬局等で小さな針付きのピップエレキバンのようなものが売っているのをご存知ですか?
鍼灸では「運動針」と呼ばれるこの針つき磁石は身体にごく浅く針を刺したまま周りの筋肉が動くことで効果を出す優れものなのです。

針なんて怖い!と思うなかれ。
ものすごく細くて短いので、ほとんど痛みは感じません。
貼りっぱなしで数日大丈夫ですが、貼っているのを忘れてしまう程度のものです。
これ、私もよく使っているのですが、朝起きた時の足の疲れが格段に違います!
足の疲れが取れなくて・・・という方は是非トライしてみてください!

以上、3週に渡ってご紹介してきた「身体の窓を開けよう」シリーズ。
何か一つでも皆様のお役に立てるものがあれば嬉しいです!

合わせて読んでみよう!
> 身体の窓を開けよう 〜上半身篇〜
> 身体の窓を開けよう ~下半身篇~