妊娠中から突然毛深くなった?産後はどうなるの?

産後脱毛妊娠中に突然毛深くなったママはいませんか?
お腹の産毛だけではなく、二の腕やすねの毛まで毛深くなった方もいるかと思います。
これ、なんでだと思います?
お腹が毛深くなるのはお腹を守るためなのかなぁと想像して納得がいくけれど、それ以外の部分の毛深くなるのはなんででしょう。
女性の美容にとって毛の処理はとても大事で、おしゃれを意識しだしたお年頃からずっと悩まされる問題かと思います。
夏が近づくと脱毛サロンのCMが増えたり、温かくなって腕を出したり足を出したりする季節には目について憂鬱になったり。
毛の処理をしていない=ずぼらみたいなイメージもありますし、結構な気になりますよね。
今回は妊娠中や産後の毛深さの原因を調べてみましょう。

産後の毛深さの原因はホルモンバランスの急激な変化

女性の体にはプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンが分泌されています
これらの中でも妊娠中は特にプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになります。
このホルモンは妊娠してから出産するまでの間、妊娠を維持してくれる働きを持っています。
このように妊娠によって一定の女性ホルモンが急激に増加することで、ホルモンバランスが崩れ、妊娠中は色素沈着などを起こしやすいといわれています。
以前お話ししたようにしみや妊娠性肝斑なども引き起こしやすくなるといわれていますね
このホルモンバランスの乱れは色素沈着を引き起こす以外にも、一本一本の毛が濃くなるという作用があります
毛量増えるのではなく、濃く見えるようになるということなんだそうです。
これが妊娠中や産後の毛深さの原因です。
このホルモンバランスの乱れは産後だんだんと収まってきますので、特に大きな問題ではありません
産後もずっと剛毛な状態が続くなんて悲劇ですが、そんなことはありません。
産後にホルモンバランスが整うのを静かに待てば、毛深さも落ち着いてきます。
脱毛 処理

産後の毛深い部分、処理して大丈夫?

でも見た目が気になるなぁというのがママの本音ですよね。
これ、お手入れしちゃって大丈夫なのでしょうか。
妊娠中や産後はお肌が敏感になってトラブルが多い時期です。
ホルモンバランスの乱れによって肌荒れが多い時期でもありますし、授乳中などは水分不足でお肌がカサカサなんてことも。
また、便秘がちになって吹き出物もできやすかったりします。
そんなときに毛抜きで脱毛したり、カミソリで剃毛するのはあまりおすすめしません
想定外の肌トラブルを起こすことがあります。
見た目も気になるとは思いますが、処理した後のお肌が真っ赤に腫れたり、傷ついたりするリスクを考えるとちょっと心配。
しばらくは少し気になる毛深さとなるかもしれませんが、妊娠中や産後のみの特別な時期だと思ってあきらめて、無理に処理するのはやめましょう。
そもそも産後はあまり時間もありませんので、脱毛などに手間を取られるのも面倒ですよね。
毛抜き
元々毛深くない私も妊娠中に体毛がかなり濃くなってとても気になりましたが、産後しばらくしたらきれいになくなっていましたよ。
確かに永久脱毛したところに新しく生えてきたりはしなかったので、元々ある毛が濃くなるというのは私にとっては信ぴょう性があります。
経験者としてはしばらく様子を見ても問題なし!ですので、参考にしてみてください。